Pray for Japan 日本にいなくたって、できることがある。外貨で東北関東大震災に募金しよう
スノーボードギア50%OFF
2009年12月01日

動画 ドカ降りウィスラーのバックカントリー


ウィスラーのオープニングウィークのバックカントリーの映像です。

すげ〜〜〜



ウィスラーの場合、どこからがバックカントリーっていうのかが微妙ですけど、登ってたのでバックカントリーってことで。
部分的にコース内っぽい映像もありました。

2009年12月02日

レベルストーク Revelstoke オープニング 滑走レポート1


11月28、29日、レベルストークに行ってきました。

朝6時に家を出発。途中、けっこうな雪でテンショングッド(上向き矢印)
drive.JPG


レベルストークのダウンタウン。2日前にシーズンパスをピックアップしに行った時は、雪なんて全くなかったんですよ。
revytown.JPG


雪を貯めに貯めてのオープン日でみんな期待でいっぱい。
混むだろうから、早く行って並ぼうと思ってたんだけど、完全に出遅れた〜〜
line.JPG


奥に見える建物の左側に見える青い屋根がゴンドラ乗り場。
写真の場所がだいたい列の中間あたり、この後ろにもズラ〜っと長い列が続いてました。

列の一番前の人は朝の4時から並んでたそうです^_^;
ウィスラーのオープン日とかわんないじゃんとテンションバッド(下向き矢印)

続く〜

2009年12月03日

レベルストーク Revelstoke オープニング 滑走レポート2


行列のゴンドラに乗って、山の中腹まであがり、そこからリフトへ。

ゴンドラ降り場からリフトまで少し滑るんだけど、雪というかゲレンデに弾力がある!先シーズン行った時もそうだったけど、このゲレンデなんか弾力があるんです。降ったばっかりってのもあるのかな〜

この二日間は、ゴンドラ降り場から上だけ滑走可能。
リフトは1本しか動いてませんでした。といってもリフト2本しかないんですけどね^_^;。
ということで、リフトでも20分以上待ったかな。

リフトに乗ってゲレンデを見渡すと、すべて深いパウダ〜。。。


でもすでにラインだらけ、、、一本目からかよ

開けたコースはもうダメだと、林の中に入ってみても、もう喰われてるじゃん。。。。

そして降り場についたら、また行列でうんざり、テンションバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


でもめげずにフレッシュパウダーを求めて林の中へ。
ポイントもまだよく知らないので、とりあえず入ってみないとわからない。

そして2本目にノートラックパウダー発見!!
paradise.JPG

でもはじめての場所でノートラックは危なすぎる。行けそうな感じだけど、怖いので最初の数ターンで、ヨダレをたらしつつコースの方へトラバース。

後で分かったけど、行っても全然大丈夫だった(/_;)

でもその後もパウダー求めて、林に入ってはハマリ、入ってはハマリを繰り返し、時にはクリフ(崖)の上にでてしまい、腰まである雪の中をハイクアップ。
buried.JPG

実はけっこう楽しかったけど^m^。

そしてこんな所をたくさん発見。全部違う場所だったと思います。天国
paradise2.JPG


paradise3.JPG


paradise4.JPG


まだ山の半分か、1/3ぐらいしか開いてないけど、自分の大好きなポイントが沢山ある。でもルートを覚えられなくて。なかなか同じポイントに出れなかった。

オープン日は午前中で3〜4本くらいしか滑れなかったです。もう最初の時点で昼飯抜きは覚悟しました。
ローカルの人は毎年来て慣れてるのか、みんなポケットだったりバックパックに食料を持ってて、リフト待ちの間に食べてましたよ。

でも12時過ぎたくらいから、リフト待ちはほとんどなくて調子よかったです。こっちの人は美味しい部分を頂いたらすぐ帰っちゃうんですよね。2時とかだったら、もうリフトのまわりは寂しいもんです。

おかげで午後はあっちこっちを探検して、残り物のパウダーを頂きました(*^^)v。

1本目まではテンションかなり低かったんだど、2本目からはグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)とすごい楽しかった。

リフトは3時で終了。リフト待ちで滑る数が少なかったから、もう終わ
りか〜なんて思ったけど、色んなところでハマリまくったので、実は体は限界でした^_^;。

1日目は終了。山を降りて車泊ポイントのハイウェイにあるレストエリアへ。

ここで事件が!?

続く〜


2009年12月04日

レベルストーク Revelstoke オープニング 滑走レポート番外編 インド人のおっさんが、、、


1日滑り終えて、車泊する為ハイウェイ沿いのレストエリアへ。
ここはトイレがあるので、ありがたい。

日本だったら、スキー場近くのこういう場所はスキーヤー,スノーボーダーが沢山車泊してたりするけど、ここはトラックの運ちゃんの休憩場所な感じ。

でかいトラックの隙間に小さな車がちょこ〜んと寂しい感じ。

そして、このレストエリアに着いた時に事件が!?

もう日も落ち暗くなった中を、ターバン巻いてヒゲもじゃもじゃのゴッツイ人が車に近づいて来る!こわ

自分の方に来ないことを祈りつつ、観察してたらやっぱり来た。
しょうがないので、窓を開けて「何?」みたいな感じで見てみる。

そうすると
「はにゃらほにゃら〜」と意味不明の言葉を喋りだした。

自分「????」

インドの人なんだろうけど、何かを尋ねてるみたい。

自分「Sorry?」って聞きなおす。

インドの人「はにゃらガススタンドほにゃら〜」

おっ

なんかガススタって単語が聞こえたひらめき

どうやら英語を喋ってるらしいけど、インドの訛りが強くて全然英語に聞こえない。

困った顔をしてても、かまわず喋り続けるインドの方。。

聞いてるうちに、どうやらこの先にガススタがあるのかを知りたいのかと思い。

「橋越えてすぐの所にあるよ」って言ってみる。

すると「そうじゃないんだ」みたいな感じ。

そして喋り続ける。。。

あ〜そこのガススタはトラックが給油できるかを知りたいのか〜
となんとなく理解。

でもトラックのこと知らないから、
「トラックのことわかんないから、よく分かんない」って言ってみる。

でも喋り続ける。。。

どうもトラックで行くと大雪だし、戻ってくるのが大変だから自分で確認しに行くのは嫌らしい。

しょうがないので
「OK、そこのガススタまで連れてってあげるよ」と了解する。

インド人のおっさんが嬉しそうに助手席に乗ってくる。

ガススタまでは車で2、3分。歩いてもすぐなんだけどね。歩いて行くのも嫌なんだろう。なんてことを考えつつ運転。

その間も何やら色々嬉しそうに話かけてくるんだけど、ほとんどわからなかったので、適当に相づちうってた。

結局そのガススタはトラックは給油できない所だったみたい。

でもとのレストエリアへ戻ることに。
帰り道に

インドのおっさん「ありがとう、ありがとう、名前はなんていうんだ?」

で答えると

「俺の親友と同じ名前だ!」と大喜び

そして

「お前は今回助けてくれたから、今度何かあったら俺がお前を助けるよ!」

みたいな事を言ってたと思う。


インドの人って無表情だし、見た目怖そうだけど、話すとかわいい人が多い。
そしてけっこう適当^_^;

でも憎めない感じなんですよね。

1人車泊で、ちょっと寂しかったのでなんか心温まりました。




2009年12月05日

レベルストーク Revelstoke オープニング二日目 滑走レポート


寒気にちょこちょこ起こされながらも、意外と寝心地の良かった車泊。

再び山へ。

オープニングの昨日と違って、2日目はたいした行列もできずに、すんなりゴンドラにのれました。

いきなり、昨日の3分の1以下に人が減った^_^;

NewSnowは3センチ。

リフトは空き空き、距離はけっこう長いんだけど、すごく速いので割と降り場まですぐに着きます。

待ち時間ゼロで、リフトも速いからガンガン滑れる。
雪も場所によっては、けっこう積もってて気持ち良い。くるぶしパウダ〜♪

それでもやっぱり深い雪を滑りたいから、木の生え際ギリギリを狙ってツリーラン。まだまだあるじゃんっとご機嫌な朝♪
そして前の日にいけなかった所も探検。

とにかく本数滑れるので、リフト降り場の小さな休憩小屋で早めの11時に30分休憩。

その後また、林の中のうねったバーンを「キャッキャッ♪」と滑走。

でもなんと1時に体が限界に、、、この時点でかなり満足な本数滑ってたけど、まだ早すぎる!

もう一回、小屋で30分休憩。

また林へGO!

何本か滑って、集中力切れてきたのでもう1本滑れるけど、、、帰ることにしました。

2時半に終了。

やっぱりレベルストークはすごい!この山を選んでよかった。

この2日間で書きたいことがまだまだ盛り沢山です。

2009年12月06日

無我夢中で記憶がありません 12/4 レベルストーク滑走レポート


この日はレベルストークの再オープニングDAY。
先週は臨時に土日だけのオープンでした。

4日間寝かせてのオープンってのと、前回動いてなかったリフトが動くってことでパウダーは間違いないので、期待でいっぱいの出発。

アパートをでたら、世界が真っ白になっててビックリ。
心踊る瞬間
朝駐車場.JPG


今回動くリフトの辺りはツリーランのポイントだらけ。どこに入ってもコースにはでるから安心して林の中へ飛び込めます。

パウダータウンへようこそ(^o^)丿
パウダータウン.JPG


絵に描いたような雪の結晶が降ってました。
結晶.JPG


オープン1時間前から並んだかいがあり、ノートラックパウダ〜〜〜〜〜〜

これは新しく動くリフトに向かう途中。
ノートラック.JPG


Ripperってリフトのまわりの林は、この日は全部こんな感じ。
ノートラック2.JPG


この林、斜度がちょうど良い所もあるんだけど、この雪の深さだとギリギリ滑れる程度の緩い斜面の場所が多くて、まだシーズン初めって事もあって倒れた木も出てたりしてライン取りがめちゃくちゃ重要。

間違ったら即沈没。
もう午前中はライン読むのに必死、無我夢中で記憶がないです^_^;

でも斜度のある所は、ほんと気持ちいいし。ない所はない所でうまくこなしていくのが楽しかった。

この日は1日中パウダーラン!

ご飯はリフトの上、もよおしたら林で。。。

とにかく滑り倒しました。


続く〜



2009年12月07日

1minute Heaven パトロールさんに聞きました。12/4 レベルストーク滑走レポート 


午後11時を過ぎて、だいぶあちこちの林をチェックし終わったあたりで、パトロールの人とリフトが一緒になったから他に良いポイントないか聞いてみた。

そしたら快く、「この林の中をトラバースしていくと良い所あるよ、さっき行ったけどまだ雪残ってたよ」って感じで教えてくれた。

そこの林に入ったらトラバースしてって言われたけど、すぐ目の前にノートラックのパウダーが、、、

我慢できず行っちゃいました。写真撮るどころじゃなかったので、写真はないです。

2本目はトラバースして、教えてくれたポイントへ.
奥に見えるのが、そうです。
ピローエリア2.JPG


UP
ピローエリア.JPG


開けてて、斜度がしっかりあって、ポンポンポンと雪屁があります。
ここは楽しい。
でもあっという間に終わってしまう、1分間の天国。

この後は長〜い帰り道が、、、

まずしばらくは平らな所をプッシュ(スケーティング)。
プッシュ.JPG


そして急斜の狭い林をトラバース。ここは行かなくても良いんだけど、行くと少しだけパウダーポイントがある、2、3ターンぐらいだけど^_^;
トラバース.JPG


そしてハーフパイプ状の狭い沢をがけっこう長く続く。楽しいっちゃあ楽しい、でもボコボコなのでかなりハード。
沢.JPG


途中にちょっと綺麗な場所もあり。
沢2.JPG


出てきたところから、撮った写真。
ほっと一息。
出口.JPG


気温はマイナス14℃なのに汗だくです。
2009年12月08日

さっ寒かった 12/6 レベルストーク滑走レポート


この日は今シーズン自分が滑った中で初めての晴れ。
実は今シーズン入って4週間、滑った日は全部パウダーでした。
でもそれも打ち止め。

リフトで上がって行くと、鼻の中がパキパキパキと鼻毛が凍っていく^_^;呼吸をすると肺が痛い。
気温はマイナス15℃。
lift2.JPG


めちゃくちゃ寒かったけど、本当に綺麗だった。
リフト降り場から山頂。
top.JPG


山頂からの景色。
top2.JPG


メインのリフト乗り場。
しかも2つしかリフト動いてないのに、1日こんな感じ。日曜なんですけど、このスキー場大丈夫なのか?!
lift.JPG


ちなみにこのスキー場はゴンドラ1つ、リフト2つしかないです。
でもリゾート化を進めてて、将来は25機のリフトができる予定なんだとか、ホントかよ!?

続く〜
2009年12月09日

くるぶしパウダー自動修復スロープ 12/6 レベルストーク滑走レポート2


この日は風が強かった。

午前中はどっか雪が残ってないかな〜と林に入ってみたけど、ゴタゴタしてるだけで全然ダメ。

快晴だったので、あっちこっち探検してみました。

もう行くとこないな〜って時に、強風で飛ばされてくる雪が溜まってる場所を発見!

スロープ全体に5センチくらいの雪が綺麗に積もってる。もう2時過ぎでリフトから見える目立つコースなんだけどな〜と思いつつ、くるぶしパウダーを気持ちよく頂いた。

ここは斜度があってスピードも乗りやすく、気持ちよくターンできる。

autosnow.JPG


一本滑って、もう一回行ってみたらラインが消えてる?
また綺麗に雪のパックがされてて、気持ち良い浅い雪を堪能。

どうやら風がつねにスロープをならしてくれてるみたい。

その後はずっとこのコースを経由して滑ってました。

こんな事もあるんだね〜
2009年12月10日

Very Very COLD 12/8 レベルストーク滑走レポート


このメッセージボードに注目。
cold.JPG

マイナス28℃って。。。

寒くなるのは分かってたんで、かなり着込んで行ったんだけど、それでも足りなかったです。

頭&首まわりは、目だし帽(アウトドア用)、ネックウォーマー、フェイスマスクを総動員!こんなのはじめて^_^;

空は真っ青。
blue.JPG


この日も、新しく雪は降ってなかったし、林もダメなのはわかってたんで、久々に圧雪されたバーンを滑ることにした。

カービングするにはベストコンディション♪
pstn.JPG


場所によっては硬くてエッジの立たない場所もあったけど、大体のコースは良好でした。

平日だけあって、こないだ以上に人がいない。

誰もいないゲレンデを気持ちよく滑走。
slope1.JPG


slope2.JPG


圧雪されたコースも、けっこう独特の地形。

うねってるし、斜度の変化が激しい。

斜度があるので、スピードもあっという間に限界速度を超えちゃう。さらに斜面の変化が激しいので、思いっきりスピードだしたら間違いなくパコ〜ンって飛ばされる。

キッカーの代わりに使える場所がいっぱいありそうです。

コースの横は林なんだけど、日本みたいにネットが張ってないのでコースアウトしたら木に激突する。

ターンしながら、ちょっとネガティブな想像がチラつきました^_^;

でも人のいない綺麗なバーンを、好きなように好きなだけ滑って気持ちが良かった(*^_^*)

この日はリフトで相乗りしたのは1回だけ、あとはずっと1人乗り。唯一一緒に乗った人も、あまり話す気がないようなので挨拶で終了。

ほとんど声を発しない日でした。。。

スノーボードBlogランキング

沢山の面白いスノーボード・スキーのブログが集まってますよ。

ランキングのバナーをクリックしてもらえると、このブログの順位が上がります。
気がむいたらクリックしていってくださいね(^_-)-☆

クリックありがとう(*^_^*) クリックありがとう(*^^)v
人気blogRanking  ブログ村Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村

▲ページの先頭に戻る