Pray for Japan 日本にいなくたって、できることがある。外貨で東北関東大震災に募金しよう
スノーボードギア50%OFF
2018年01月17日

シーズン前の板の下地作り1


もうすぐシーズンINですね、何回かにわけて新しく買った板の下地作りの仕方について書いていきたいと思います。

板の下地作りっていうのはワックスを何回も繰り返して走るソールを作ることをいいます。
ただホットワックスを繰り返してOKじゃなくて色々あるんです。


今日はまず新しい板にワックスをいれる前にすることについて。


ずばりチューンナップです。

スノーボードのチューンナップってのは、ソールの研磨エッジの調整が主になります。

このソールの研磨がすごい大事なんです。

研磨っていうと分かりにくいかもしれないんで、ようはソールの表面を削ってやる作業です。

これには2つの効果があります。

一つは買ったばかりの板はソールがフラット(平ら)になってません。
なんでこの研磨でフラットになります。

ソールをフラットにした板とそうじゃない板をのりくらべると全然ちがいますよ。

フラットにした板は雪面に吸い付くような安定感があります。たぶん誰でも感じられるとおもいます。


2つ目はこのあとのワックス作業に直接かかわってきます。

ピッカピッカの新しい板でもソールの表面は酸化したりケバだっていたりするんです。

ソールを研磨することで酸化とケバを除くことができます。ただケバは完全にはとれません。

ケバがなんでいけないかってのはなんとなくわかりますよね、やっぱり抵抗になって板のスピードがでません。

じゃあ酸化してるとなんでダメなの?

ソールが酸化してるとこの後にワックスをソールにしみ込ませる作業のさまたげになるんです。

酸化したソールだとワックスのしみ込みが悪く、せっかく何回もワックスしたのに効果がはっきされなくなってしまうんです。

これもまずチューンナップに出す前に自分でワックスしてみてください、そしてチューンナップから帰ってきた板にもう1回自分でワックスして比べてください。
ワックスのしみ込み方の違いにビックリすると思います。


今日はここまでです、そんなの知ってるよ!って方はごめんなさいm(__)m。 やくに立ったぞって方はランキングクリックしてくれるとうれしいです(^^ゞ

次回はワックスを染み込ませる作業について書きたいと思います。.

2006年03月25日

ホットワックスの基本的な仕方


スノーボードを始めたばかりの頃は、スプレーワックス(簡易ワックス)を使ってました。でも持続性も滑走性もホットワックスに比べるとかなり落ちるスプレーワックス。

そして実はスプレーワックスはソール(板の滑走面)を痛めてしまいます。

ホットワックスは、持続性、滑走性も良く。
そして意外と簡単なんですよ。>>続きを読む
2006年03月30日

ベースバーンを防ぐ方法


ベースバーンとは


P253i0008061274.jpg左の写真のようにソールのエッジ付近が白くなっている状態の事をいいます。
ワックスをしなっかたり、アイスバーンや固めのバーンを滑ると起こりやすいです。ベースバーンを起こすと雪面との抵抗がふえて滑走スピードが下がります。

エッジ付近っていうのは、どうしても雪に接する時間が多いし、かかる圧力も大きくなるからベースバーンになりやすいんです。

この現象が一回起こってしまうとワックスをしても少し滑ったらまた同じようにベースが白くなってしまいます。この場合は一度チューンナップでベースを削らないと改善できなくなってしまいます。ベースバーンが起こる前に予防しましょう。

>>続きを読む
2006年04月04日

スノーボード用ワックスの種類


ホットワックスに使うワックスの種類を簡単に紹介します。

パラフィンワックス


基本になるワックスです。主にベースワックスに使うことが多いです。 滑走面にしみ込む性質があります。

ベースワックス■チューンナップ用品■GALLIUM■代引き手数料無料(スキー、スノーボード)[sw202]

フッ素低含有ワックス


上のパラフィンWAXに水分をはじく効果のあるフッ素をまぜたもの。
価格はパラフィンWAXより少し高くなります。

SWIX(スウィックス) フッ素低含有ワックス CERA NOBA LFワックス 60g

フッ素高含有ワックス


名前の通り上のものよりフッ素が多く含まれてます。湿度の高い時に効果をはっきします。
かなり高価です、メーカーによって価格は違うけどフッ素が多くはいっていればいるほど値段も高くなります。

<特価>SWIX(スウィックス) フッ素高含有ワックス CERA NOBA HFBD(HFブラックデビル) 40g

100%フッ素パウダーワックス


魔法の粉です。湿度の高い時に使うと抜群の効果をはっきします。
ただ持続性がありません、1本滑って終わりって感じ。
スノーボードクロスでは必需品でスタートワックスとも呼ばれてます。
30グラムで1万円以上します。

SWIX(スウィックス) 100%フッ素ワックス CERA F FCパウダー 30g

グラファイトワックス


摩擦による静電気を抑え、ゴミや汚れの付着を防止する効果があります。
気温が低く静電気のおきやすい時、春の汚れた雪の時にベースWAXや滑走WAXと混ぜてつかいます。
黒いワックスなんで黒以外のソールの場合黒く汚れた様にみえるのが欠点。

2006年04月06日

ワックスメーカーリンク集


各ワックスメーカーのリンク集です。
気になるメーカーがあったらチェックしてみて下さい。

SWIX TOKO
BRIKO HOLMENKOL
マツモトワックス ガリウムワックス
R≒0ワックス Dominator Wax

⇒ワックスMENUに戻る

⇒リンクMENUに戻る

2006年04月08日

ワックスクリーニングの仕方


滑ってるとソールには大なり小なり汚れがつきます。特に春に滑るとソールが目に見えて汚れてるのがわかりますよね。

ワックスリムーバーを使うと


一般的に汚れをとる時使うのはワックスリムーバーだと思うんですけど、これを使うとソールにしみ込んだワックスまでとってしまうし、ソールにもよくないです。

ということでホットワックスによるクリーニングの仕方を紹介します。>>続きを読む
2006年04月13日

春のワックス方法1


今回は正攻法の春のワックス方法について

春の雪は水分が多く、汚れを多くふくんでます
ってことは水をはじいて、汚れをつきにくくすればいいですよね。

>>続きを読む

春のワックス方法2 節約編


春のワックス方法1では低フッ素とグラファイトをまぜる方法を紹介したんですけど、低フッ素にしろグラファイトにしろパラフィンWAXの2倍以上の値段。

自分にはこれを毎日使っうほど余裕はありません。

でも春は滑走性はもちろん汚れもつきにくくしたいです。

で気やすめながら今やってる方法が >>続きを読む

2006年04月17日

よりワックスをしみ込ませる方法


知ってるよって人多いかもしれないけど、自分がこのことを知った時「へ〜そうなんだ」と思ったんで紹介しときます。

どうせワックスするなら、より効果のある方がお得ですよね。

>>続きを読む

2006年06月26日

アクロス重信(室内ゲレンデ)でのWAXの仕方


今自分のしてるワックスの仕方を紹介します、正しいとは限らないので参考程度にしといてください。

アクロスに限らず室内ゲレンデは、室内で重機を使うんで雪が汚れてます。

なんで一番重要なのは汚れをつきにくくする様にする事と、ついた汚れをとる事だと思います。


ちょっとめんどくさいけど、滑った後にワックスクリーニングをちゃんとするのが一番だと思います。

めんどくさかったら滑った後に、スクレーパーをかけて汚れを剥がして、ブラシをかけて汚れをかきだす様にする。 その後にワックスをかける時にワクシングシートを使うと、だいぶ汚れを取ることができます。


使うワックスですけど、自分は普通のワックスをかける前にグラファイトワックスをソール全体に生塗りしてからワックスをかけてます。

グラファイトワックスは汚れをつきにくくする効果があります、まあ気やすめ程度ですけどね。

使ってるワックスはSWIXのCH8でフッ素の入ってないものを使ってます、温度帯は+1℃〜−4℃です。色々ためしてみたけど、この温度帯がちょうど良く感じました。


アクロスの場合、朝は雪を降らしたばっかりで少し湿気があるものの、昼すぎには砂のような乾いた雪になってるんでフッ素はなくても良いんじゃないかと思います。

このワックスの仕方で十分大キッカーは飛び越せてます、ストレートエアーやB180だと飛びすぎるんで少しチェックいれてるぐらいなんでワックスの効果は十分でてると思います。

>>楽天市場でワックスを安く買おう

スノーボードBlogランキング

沢山の面白いスノーボード・スキーのブログが集まってますよ。

ランキングのバナーをクリックしてもらえると、このブログの順位が上がります。
気がむいたらクリックしていってくださいね(^_-)-☆

クリックありがとう(*^_^*) クリックありがとう(*^^)v
人気blogRanking  ブログ村Ranking

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村

▲ページの先頭に戻る